電磁波と不調

電磁波と不調


先日とあるお仕事を依頼されまして、電磁波について勉強しております。



そのなかで気になったものが電磁波過敏症。



聞いたことありそうな、なさそう

な。。。



大半の人は感じることの出来ない電磁波を感じ、身体の不調となって表れてしまうという辛い病気。



病気と書きましたが、電磁波過敏症は、日本では病気と認定されていないので診断もされず診断書ももらうことが出来ないという当人には辛い現状。



そういえば、私も小さい頃ブラウン管のテレビの電源の音?周波数?電磁波?なのか分からないものを離れたとこらから感じたり、ラジオがついていると頭痛や何とも言えない気持ち悪さを感じていたことがあります。



小学校の高学年まで感じていた記憶がありますが、今思うともしかして…??



と思ってしまいます、

幸い今は何も感じること無く生活出来ております。




また、気づいたこととして、当院には、頭痛や筋肉の痛み、関節痛、神経痛、息苦しさ、倦怠感、手足のしびれ感、めまい、浮遊感、ふらつき、平衡感覚の違和感、眼の疲れ等々、このような方が来られておりますが、意外と電磁波過敏症の方が感じる症状と似ているものがあると言うことも多きな発見!!




ご本人たちも気づかないだけで影響を受けている事もあるのかな!?


と、思いました。



電磁波を浴びずに生活するのは困難な現状です、少しでも影響を減らし耐えられる様な身体のケアも必要なのかなとも感じました。




今後も電磁波や電磁波過敏症などの知識を広げていきお困りの方の助けに少しでもなれればと思います(_ _)