昔のケガの影響

初回の施術の前には必ず病気やケガの既往歴を確認します。

 

 

ケガや手術の傷跡、炎症による組織の癒着などが痛みの原因となっている場合あり、小学生の頃のケガの影響が数十年後に現れるということがあります。

 

傷は表面的にはきれいに治りますが、奥の方の組織に癒着が起きて筋肉や筋膜が正常に動かないことや、癒着の影響で患部よりも離れた場所の動きが悪くなるということが起きます。

 

 

数十年前の足首の骨折の手術痕が腰痛と坐骨神経痛を起こし、その数年後には反対の足の変形性膝関節症を起こしてしまった方もいらっしゃいました。

 

このような場合は、腰や膝の治療をしても効果は少なく、骨折を手術した傷跡からの調整を行わなければいけません。

 

傷跡のちょっとした癒着が身体のバランスと運動機能を狂わせてしまい、数十年という時間をかけて徐々に身体に痛みが現れるということになります。

 

問診や検査を細かく行わなくては見つけることが出来ません、電気治療やマッサージではなかなか効果が出ないなんてことも全然不思議ではありません(+o+)

 

ケガや手術の傷跡と慢性的な身体の痛み・不調、心当たりのある方はお気軽にご相談ください<(_ _)>

 

高田馬場 整体・カイロプラクティック×加圧トレーニングUPright

 

アクセス 予約・お問合せ 前回のブログ

 

施術:症例に関してはこちらをご覧ください