50代女性の股関節痛と原因

先日股関節を痛めた50代女性の方がご来院されました。

 

2ヶ月ほど前に転倒し左のお尻を打撲しましたが、その直後は問題なく動けたために処置をせずにそのままにしていたそうです。

 

数週間程してから痛みを感じるようになったため、治療院で電気ハリの治療を2回ほど受けたようですが、その後から通常歩行が出来ないほどの股関節の痛みを感じるようになったそうです。

 

ご来院されたときは足を引きずるようにされており、病院では変形性股関節症の手前ではないかとの診断だったそうですが、急激な痛みの変化のため変形性の症状では無いのではないかと思われたようでご来院されました。

 

検査をすると動き始めの動作から痛みがあり関節の運動に関係無く痛みを感じており痛みの範囲もお尻から太ももの前面までとかなりの広範囲で痛みを感じている状態でした。

 

恐らく筋肉のスパズムが原因かと思い施術を行い、2.3回の施術で痛みの範囲は激減しましたが、通常歩行まではもう少しかかりそうなので、もう少し定期的に施術を行う必要があるかと思います。

 

スパズムとは、いわゆる筋肉の過緊張で筋肉が緩むことが出来なくなってしまい常に収縮を起こし痛みを発生させているような状態。

 

お話を伺っていると、2回目の電気ハリの治療中、刺激が強く感じていたのを頑張ってこらえていたようですが、この頑張りが筋肉の緊張を増幅させてしまい筋肉が異常な収縮(スパズム)を起こしてしまったのではないかと考えられます。

 

ハリ治療が問題では無く、恐らく刺激を我慢しすぎてしまったことが痛みを増強させる引き金となったのだと思います。

 

どのような治療や施術でも痛みを我慢すれば良くなるというものではありません。

 

痛みを感じれば身体は攻撃と認識し、防御反応を起こします。

 

痛み=治癒とはなりません。

 

当院の施術でも少し痛みを伴うこともありますが、的確な刺激量や痛みの範囲を知るための必要最低限なものとなります。

 

変形性関節症と診断された方、ご心配な方はお気軽にご相談ください(^^)

 

高田馬場 整体・カイロプラクティック×加圧トレーニングUPright

 

アクセス 予約・お問合せ 前回のブログ

 

施術:症例に関してはこちらをご覧ください