成長ホルモン

加圧トレーニングは成長ホルモンが大量に分泌することが一つの特徴になります!

 

成長ホルモンは脳の下垂体という場所から分泌され全身を巡り、筋肉や骨、その他身体を構成している組織の代謝や成長を促進させてくれる作用があります。

 

 

加圧トレーニングは専用のベルトを巻いてトレーニングをすることでこの成長ホルモンを通常時の何百倍もの量を分泌させることが出来、筋肉の成長が早まるため通常のトレーニングよりも効率の良いトレーニングとなっており、健康面でも良い影響を与えてくれます。

 

 

この成長ホルモンの分泌が低下していくと、、、

 

筋量や筋力の低下がおこり糖尿病のリスクや、内臓脂肪の増加、また骨の代謝も悪くなり骨粗鬆症のリスクが増え骨折しやすくなったりと健康を脅かすリスクが増加してしまいます。

 

他にも、コレステロール値の影響や心臓などの内臓に係わるような問題も出てきたり、疲れやすさや集中力の低下、イライラ、記憶力の低下、やる気の低下など日常の生活にも影響が出てくることもあるようです(+o+)

 

運動している人がハツラツとしている理由がなんとなくわかる気がしますね(^^)

 

加圧トレーニングは1回のトレーニングで通常の数百倍もの成長ホルモンが分泌されるので週に何回もトレーニングを行う必要もなく週1回30分でトレーニングを終えることが出来ます。

 

目的に応じて、圧の強さ、運動の強度を調整出来るため高齢者でも行うことが出来ます。

 

また成長ホルモンは組織の回復を早めてくれるため、骨折や肉離れ、捻挫などの受傷後のリハビリにも効果的となります。

 

代謝の促進、筋力アップ、痛みからの回復など体質を変えるきっかけ作りに是非一度加圧トレーニングをお試しください(^'^)

 

高田馬場 整体・カイロプラクティック×加圧トレーニンング UPright