膝の痛みと加圧トレーニング

加圧トレーニングは成長ホルモン・血行促進・筋力アップによって痛みの回復にも効果的とされております。

 

成長ホルモン、血流の促進によって組織の回復が早まるため骨、靭帯、筋肉などの損傷の回復を早めてくれると言われており、更に通常のトレーニングよりも筋力の向上が早く、膝の痛みなど脚部の筋力が影響するような慢性痛の回復にも効果的とされています。

 

膝の痛みの場合、膝関節を包む関節包という場所の可動性が無くなることで痛みが強くなるとも言われているので、太ももの筋肉を使い膝の皿を大きく動かしながらのトレーニングを行うことで関節包の動きも良くなり痛みが減少する場合もあります。

 

一般的な変形性膝関節症の方の中でも、この関節包が原因で痛みを感じている方も少なからずいるようです、また同じ膝の痛みでも、お尻の筋力の低下が関係している場合もあるようなので、最近では整形外科でも膝の痛みには運動療法を処方するところが多くあります。

 

 

加圧トレーニングは、本来軽い負荷で行うため膝などに痛みを感じている方も少ない動きのトレーニングでも、専用の加圧ベルトを巻くことで血行の促進、成長ホルモンの大量分泌、筋力向上の効果も高まるので、通常のリハビリに加えていくととても効果的になります。

 

長い間、膝の痛みで悩まれている方、まだ加圧トレーニングを試されていない方、お気軽にご相談下さい。

 

9月は加圧トレーニングが無料で体験出来ます。限定5名様、、、、残り4名です!コチラから

 

高田馬場 整体・カイロプラクティック×加圧トレーニング UPright