痛い?調整 トリガーポイント

カイロプラクティックやオステオパシーの調整法には、痛みを感じやすい方法とそうでないものがあります。

 

痛みを感じながらの調整法にトリガーポイントテクニックがあります。

筋肉がしこりのように固まってしまい痛みを感じさせる筋肉のコリのようなもので、このトリガーポイントが腰やお尻の筋肉に出来ると坐骨神経痛のような痛みを起こしたり、首や肩の筋肉に出来ると腕の痛みやしびれ感を起こします。(その他の場所全身に発生します)

 

病院で坐骨神経痛と診断された方の中にも、このトリガーポイントが原因であることも少なくありません。

 

腰椎ヘルニアでの坐骨神経痛と症状も似ているためトリガーポイントが原因の痛みをヘルニアと思い込んで過ごしている方もいると思います(T_T)/~~~意外と多いと思います・・・

 

 

このトリガーポイントは刺激をすると普段腕や脚などに感じていた痛みを再現することになります(>_<)

 

強く痛みを感じる人、痛いけど気持ちよく感じる人、んん〜そこそこっっ(~o~)とツボを押されているように感じる人と、人によって感じ方は様々ですが、トリガーポイントの場合は血流の回復が必要になるので、固くなったしこりをほぐしていくような施術が必要になります。

 

トリガーポイントが形成される原因には、骨盤や脊柱の歪み(機能障害)、脚長差、筋肉への過負荷、内臓反射刺激などがあるため、トリガーポイントへの直接的な施術も大事ですが、トリガーポイントが出来てしまった原因も取り除く必要があります。

 

 

 

筋肉の問題なのか、関節、骨格の問題なのか、内臓や自律神経の問題なのか、複合した問題を抱えているのかを考える必要もあります。

カイロプラクティック・オステオパシーによる調整は、症状や状態に合わせていくつかの施術方法を組み合わせていくことで、適正な刺激を身体に与えていくことが出来ます。3、4回の施術で変化の見られないようであれば施術方法を変えるなど身体には必ず必要とする刺激や方法があります。

 

なかなか良くならない症状、いつもの施術、何時までたっても平行線のまま、交わる点は見つかりませんね(>_<)

 

なかなか難しい、、、修行あるのみ・・・<(_ _)>

 

高田馬場 整体・カイロプラクティック×加圧トレーニング UPright