頭と身体 小顔は気を付けて

頭の調整に時間をかけることが良くあります。

 

頭~背骨〜仙骨(骨盤の骨)の内部は硬膜という膜で繋がっています。

この硬膜が脳や脊髄神経を保護してくれていて、中を流れる脳脊髄液の循環も促してくれています。

 

硬膜が緊張、癒着、捻じれなどで機能的な障害を起こすと、脳、神経系の異常や、原因不明の不調、不定愁訴が現れたりします。

 

頭蓋骨の調整は、この硬膜の緊張をゆるめる為に行うことが主な目的となります。

 

よく小顔調整などで顔や頭をグイグイ?強い力かわかりませんが、押したり引いたりねじったり?かもわかりませんが、頭や顔の骨のすぐ下には、大事な神経や、血管が通っているので、本当に骨が縮んで小さくなるならすごーーーーーく気を付けて施術したり、受ける必要があります。

 

頭や顔の骨には、縫合線と呼ばれるつなぎ目があり、その縫合線に合わせて、ほんの少し拡張したり収縮したりします。

 

この小さな動きが、神経系を狂わせたり、平衡感覚を狂わせたり、全身の筋肉の緊張を引き起こしたり、挙げればきりがないほどの全身症状を引き起こす可能性があります。

 

小さな頃の頭への衝撃が、身体の不調の原因なんてこともよく言われます。

 

慢性的に繰り返している不具合や、常に感じているなくならない違和感などは、背骨や骨盤の歪みだけではないかもしれません。

 

気になる症状をお持ちの方はご相談ください。

 

高田馬場 整体・カイロプラクティック×加圧トレーニング UPright