· 

たべちゃう おいしい

ついつい食べてしまうもの、、

 

アイス、ケーキ、チョコレート、油っこいハンバーガー、ラーメンなどなど、、、

 

本当に栄養として必要なのか・・?

 

考えてもつい甘いものに手が伸びてしまうんですね〜(;_;)/~~~

 

おいしいもの脳はこれを報酬として認識しています。

本当に必要な栄養でなくても、脳からしたらご褒美なんですね〜βエンドルフィン、、

 

いわゆる脳内麻薬的なやつ!快楽物質!

 

なんとなくやめられない理由がわかります(*_*)

 

食料の少ない時代は、糖質や脂質は大変貴重な栄養源でしたので、人間の脳はより多く取り入れられるよう「おいしい」とおまけをつけて効率よく摂取出来るようにしたとか、しないとか、、!

 

効率のいい栄養素が非常にまずいものだと人類は絶滅してたかもですね(゜レ゜)

 

甘くて油っこいものがおいしくてやめられないのは、そういう事なんですね、、、

 

 

現代ではさらに濃縮されたような食品も多くなりましたので、気を付けなければ〜、、

 

濃縮された砂糖水、、清涼飲料水、、、甘くて最高。

 

スナック菓子、、塩気とうまみがたまりませんね。

 

自然界には存在しなかったおいしいものが、人間の脳を虜にしてしまったんですね(+o+)

 

自然界にはない肥満、生活習慣病、糖尿病、ガンなどなど、、、

 

 

やはり現代人の食べ物の影響は大きいのかもしれませんね〜。

 

 

おいしいもの中毒にご注意(^^)

 

高田馬場 整体・カイロプラクティック×加圧トレーニング UPright