カイロプラクティック 脳への刺激

脳が身体を動かしています、、、が、その脳へ現在の状況や情報を流しているのが、筋肉や関節、五感などの感覚器です。

 

この感覚の情報をもとに脳は、安全か危険かを把握したり、物を持つことが出来たり、デコボコ道でも平気で歩けたりと、実は感覚に頼りっぱなしなんですね。

 

脳にとって感覚は入力作業で、運動は出力作業になります、運動があるから感覚を得られて、感覚があるから運動が出来る!という相互関係となります。

このどちらかのバランスが崩れてしまうだけで、身体は大きなエラーを起こしてしまい筋肉的な痛みやそれ以上の身体的不調の原因となります。

 

 

とある関節が機能障害という動きの制限を起こしてしまうと、その関節の運動情報が入って来ないため、脳は関節周辺の筋肉に、激しく動くなっという指令を送り筋力の低下が起こります。

 

この筋力低下は他の働く必要の無かった筋肉を代償作用として働かせ、ついには休みなく常に緊張させた状態になってしまいます。

 

そしてなが〜く緊張が続くことで  コリ  の完成です\(^o^)/

 

 

この緊張し続けた コリ は働かない誰かの為に緊張を続けています(T_T)

 

どんなに押して揉んでみてもなかなか取れてくれない  コリ

 

このコリをとるためには、働かない誰かを見つけないといけません。

 

 

カイロプラクティックには、筋力検査しながら施術をしていく方法があったり、関節の可動域や可動制限を見つけて調整していく方法があります。(カイロプラクティックの一部の方法です)

 

この検査で働かない真犯人を見つけ出し問題を解決していこうという調整法です。

 

 

神経を圧迫している歪んだ骨を戻しているなんてことも聞きますが、神経を圧迫するほど骨がズレたらそれこそ病院へに直行ですね。。。

 

カイロプラクティックの調整は、関節の可動制限を取り除き、関節の位置感覚を戻し、筋肉・腱の神経(感覚受容器)を刺激して脳へ運動情報を送ることが目的だと思っています。

 

神経は電線や電気コードのような働きをしています、電気コードを踏んで圧迫しても電気は流れます。

神経の流れを妨げる理由にはなりません!

(圧迫+牽引または捻りが加わると感覚異常が出ることがあるようです

また筋膜が神経を圧迫し絞扼障害を起こすことは多々あるようです)

 

骨の歪みばかりを取ろうとする調整法にはご用心(+o+)

 

必要に応じた検査や調整法が必要となります。

 

運動→感覚→運動→感覚→運動→感覚・・・・・・・・と脳!

 

しっかりと筋肉の働く身体作りを目指して施術いたします。

 

高田馬場 整体・カイロプラクティック×加圧トレーニング UPright