ダイエット ビタミンも忘れずに

食事制限の落とし穴!?

食事を減らしたけどなかなか体重が落ちていかない…なんて経験ありませんか?

 

食事管理をするとき一般的には、タンパク質、脂質、糖質の3大栄養素でカロリーや食事内容を考えてしまいがちですが、カロリーを意識して食事量を減らしていくとビタミンやミネラルといった栄養素が不足しがちいになってしまいます。

 

なかでもビタミンB群は代謝を助ける働きがあるので、不足すると代謝が悪くなってしまいます。

●ビタミンB1 糖質の代謝を助ける作用 豆類、豚肉、のり、ゴマ、緑黄色野菜に含まれます

●ビタミンB2 脂肪の代謝を助ける作用 レバー、卵、チーズ、納豆、牛乳、緑黄色野菜に含まれます

●ビタミンB6 タンパク質の代謝を助ける作用 肉、魚、豆類、卵に含まれます

 

その他、貧血に良いビタミンB12 レバー、チーズ、貝類、卵 不足すると貧血やめまい、吐き気などが出ます。手や足のしびれの症状の時にも処方されたりします!

 

皆さんが肌のためにたくさんとるビタミンCは疲労、肌荒れ、免疫力低下を予防してくれます。緑黄色野菜、果物などに多く含まれます。

今あげたビタミン群は水溶性と言ってたくさんとっても尿で排泄されてしまいます。

たくさん摂ったからしばらく平気というわけにはいきません。

毎食意識して摂取する必要があります。

 

逆に身体にたまりやすい脂溶性ビタミンはA D E Kとなります。通常の食事では過剰摂取にはなりませんが、サプリメントなんかを適当にとっていると摂りすぎによる副作用なんてことも考えられますので気を付けましょう!

 

食べなければ痩せるけれど、肌がボロボロ、体調を壊す、疲れが取れないなんてことがセットになってきます。

 

正しい知識と自分に合った食事法で健康的に理想の身体を手に入れましょう!

無理のないダイエットは食生活と生活習慣の改善から始まります。

ダイエットでお困りの方はご相談ください。

 

整体・カイロプラクティック×加圧トレーニング UPright