膝の痛み

テレビなどでもよく取り扱われる膝の痛み。

 

高齢になるほど感じている方が多いように思います。

 

よく耳にする変形性膝関節症とは、膝の軟骨がすり減り膝に強い痛みを生じさせる病気です。

 

軟骨がすり減って骨と骨がぶつかりあって痛みが出ると言われていますが、実際には軟骨があまり減っていなくても激しい痛みを感じていたり、軟骨がすり減って変形しているにも関わらず全く痛みを感じていない人がおり、軟骨のすり減りと膝の痛みが関係ない場合も多くあるようです。

 

では痛みの原因は何?

 

個人的な見解になりますが、多くの人の膝の痛みが、下半身の筋力の低下による膝への過負荷が原因だと思っています。

 

内臓起因性や靭帯損傷など別の要因ももちろんありますが、デスクワーク、運動不足、体重増加、骨盤・股関節などの運動機能低下による太ももやお尻の筋肉の筋力の低下が膝の痛みの要因になることがあると思います。

 

実際、トレーニングや適度な運動を始めたことによって、膝や腰、股関節の痛みが軽減した経験のある人もいると思います。

 

筋力低下は、ただ力が弱くなるだけでなく、痛みを抑制する神経の働きが悪くなったり、リンパ液・血液の循環を悪くしたりと、痛みを引き起こす原因となります。

 

ただやみくもに筋肉を鍛えるのではなく、骨盤・股関節まわりの関節機能やバランスを整え、弱った筋肉を理解して、適度な刺激を筋肉に与えてあげることが必要になります。

 

間違った運動ややりすぎは逆効果になります。

 

膝でお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

 

高田馬場

整体・カイロプラクティック×加圧トレーニング UPright

 

℡.03-6823-5306

uprightchiro@yahoo.co.jp