呼吸の問題

施術を受けている方の多くに、自分の呼吸の浅さに気づいていない方がいます。

 

施術終わりに呼吸が深くなったり息が軽く吸えるようになったと感じることがあるようです。

 

人間の身体は、息を大きく吸う時には胸郭が膨らみ、背骨が少し後ろに反る形になります(胸式呼吸の場合)が、デスクワークが多く、運動不足で身体を動かすことが少ない人たちは背骨や肋骨、横隔膜が硬くなり、うまく胸郭を使うことが出来なくなってしまいます。

 

普段から呼吸が浅い状態が続くことで、身体が慢性的な酸素不足になり、代謝の低下、身体の疲れやすさ、筋肉疲労・痛み、運動障害、頭痛、集中力の低下、原因のわからない不調が出やすくなったりと、脳や神経、筋肉の働きが悪くなってしまします。

 

マッサージなどで血流を改善しても、血中の酸素量が低いままでは意味がありません。

 

呼吸を深く出来るよう修正し、それから血流の改善を図る必要があります。

 

歪みの矯正やマッサージなどの施術を受けても改善しづらい症状をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

 

高田馬場

整体・カイロプラクティック×加圧トレーニング UPright


℡.03-6823-5306

uprightchiro@yahoo.co.jp