腰の痛み・坐骨神経痛(臀部・大腿・下腿の痛みしびれ)

腰の痛みや坐骨神経痛は、筋肉性の痛みなのか関節・椎間板・靭帯性の痛みなのか、神経根の問題なのかを鑑別し、骨盤、腰椎の可動域とバランスを整え、緊張して固まった筋肉の調整をする必要があります。

 

坐骨神経痛とは病名ではなく症状を示す言葉です。

 

筋肉、関節、椎間板、神経のどこかが原因で坐骨神経痛が出ているという事になります.

 

腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群、小殿筋のトリガーポイント、仙腸関節や椎間関節からの放散痛など坐骨神経痛を起こす原因箇所は複数あります。

 

当院では、整形外科学的検査、カイロプラクティック的検査を用いて痛みの原因箇所を見つけ出し、状態に合わせた施術を行っております。

 

最近、デスクワークなどの不良姿勢による、腰椎の生理的な湾曲である前カーブが消失している状態の方が多くみられます。

後ろに丸まった腰は筋肉や椎間板に大きな負担をかけてしまい腰痛や坐骨神経痛の原因となります。

骨盤・腰椎を調整し正しい位置で安定させることで坐骨神経痛や腰痛を改善、予防することが出来ます。

 

首・肩のこり・痛みはこちらから