背中の痛み

猫背などの姿勢の悪さで脊柱起立筋に伸張性のストレスをかけている場合、また肩甲骨の可動性が減少することによっても筋肉性の痛みが出てきやすくなります。

 

デスクワークなどで背中を丸めた状態で固まってしまう状態、呼吸時に胸郭の十分な運動が出来ていないような場合にも背中や肋骨周りに痛みが出てくることもあります。

 

ヘルニアなどの神経根の問題を起こすことはほとんどないと言われています。

 

内臓の関連痛による痛みは背中に限らず現れますが、胸椎は交感神経が並行して走行しているため、内臓の調子に大きく係わりがあり消化器系、循環器系などの関連痛は首、肩、背中、腰など幅広く表れます。

 

内臓の不調はこちらから