ブログカテゴリ:脳



身体を動かす生き物=動物 人間も動物でやはり身体を動かす生き物です。 動かさずにいれば食事も出来ず、危険も回避出来なくて生命を維持することが出来ません。 動けなくなった野生動物は生きていくことが出来ません。 人間も動物も生きるためには運動が必要です。...
病気や外傷などで損傷した脳の機能はリハビリをしても二度と戻らない。 損傷した脳はリハビリ訓練により再構築し再び機能を取り戻す。 どちらが本当なんでしょうか?? 1959年ニューヨークの大学教授ペドロ・バキリタ氏は、65歳の時に重い脳卒中で倒れ、歩く、話す、手を使う、書くことが出来なくなりました。...
数年前に椎間板ヘルニアと診断され、それから腰の痛みが時々出ます。 問診をしているとよく言われることがあります。 椎間板ヘルニアとは、、、椎間板の中央にあるゼラチン状の髄核が突出した状態を言い、この髄核が神経根を圧迫することで下肢に疼痛やしびれ、感覚異常、運動麻痺による筋力低下というような症状をきたします。...
肩こりが気になるなぁ、腰が痛いなぁ、なんて思ったとき、無意識に痛い箇所をさすっていることありませんか? さすることによって痛みがまぎれるような…!?そんな気がしますよね。 これは、痛みが脳に伝わるまでの速さよりも、触った感覚の方が早く脳に伝わるからです。。。...
痛み…痛いのは辛くて嫌なものですよね。。 なぜ痛みを感じる必要があるのか?? 人は痛みの感覚や皮膚の感覚が無くなると、健康に生活するのが困難になるようです。 まず痛みが無いと病気やケガに気づけないというのがあります。 皮膚感覚にしても、熱い、冷たい、何かに触れたなど危険回避が出来なくなってしまうようです。...