ブログカテゴリ:しびれ



手や腕のしびれの原因の一つに胸郭出口症候群という症状があります。 首の筋肉の緊張によって神経を絞扼してしまう斜角筋症候群、鎖骨の位置異常によって神経を圧迫する肋鎖症候群、胸の筋肉が緊張して神経を絞扼してしまう小胸筋症候群が一般的にあります。...
カイロプラクティックやオステオパシーの調整法には、痛みを感じやすい方法とそうでないものがあります。 痛みを感じながらの調整法にトリガーポイントテクニックがあります。...
カイロプラクティックの施術後、、、 とても身体が軽くなって調子が良くなる人、だるくて眠くて次の日も会社に行くのがしんどいという人と反応は様々です。 施術後にだるさや筋肉痛のような疲労感が出ることがよくありますが、普段機能が低下していた筋肉が突然動きを取り戻すことによって感じる疲労や痛みで1~2日でなくなります。...
数年前に椎間板ヘルニアと診断され、それから腰の痛みが時々出ます。 問診をしているとよく言われることがあります。 椎間板ヘルニアとは、、、椎間板の中央にあるゼラチン状の髄核が突出した状態を言い、この髄核が神経根を圧迫することで下肢に疼痛やしびれ、感覚異常、運動麻痺による筋力低下というような症状をきたします。...
痛み…痛いのは辛くて嫌なものですよね。。 なぜ痛みを感じる必要があるのか?? 人は痛みの感覚や皮膚の感覚が無くなると、健康に生活するのが困難になるようです。 まず痛みが無いと病気やケガに気づけないというのがあります。 皮膚感覚にしても、熱い、冷たい、何かに触れたなど危険回避が出来なくなってしまうようです。...
内臓から起こる痛み、関連痛。 内臓を働かせる自律神経と痛みを感じる感覚神経が脊髄で合流することで、脳が痛みの場所を勘違いすることで起こります。 左肩の痛みが続くと思っていたら、心臓の病気だったという話を聞いたことがあると思います。 人により、肩ではなく肘や背中、顎に痛みを感じることがあるようです。...
カイロプラクティックでは、首、肩こり、腰痛だけではなく、神経系の異常がみられる方も来られます。 神経の異常と言っても、医療機関にかかるような緊急を要するような病気での問題ではありません。 眼球運動や平衡感覚の不具合、左右の筋力の差や機能差、自律神経系や脳に関係する痛みの問題などなど。...
食事制限の落とし穴!? 食事を減らしたけどなかなか体重が落ちていかない…なんて経験ありませんか? 食事管理をするとき一般的には、タンパク質、脂質、糖質の3大栄養素でカロリーや食事内容を考えてしまいがちですが、カロリーを意識して食事量を減らしていくとビタミンやミネラルといった栄養素が不足しがちいになってしまいます。...
筋膜は結合組織の一部で、他には皮下組織、皮膚、筋肉、腱、靭帯などが結合組織と言われています。 筋膜は全身に広がり、身体全体の細胞と細胞を結び付け、身体を支え、形作っています。 姿勢や身体の歪みなどは筋膜の癖が作っていると言ってもいいかもしれませんね! 筋膜の機能(4P)を簡単にご紹介します。...
細胞の代謝の過程で細胞の自然死と突然死というものがあります。 自然死をアポトーシスと言い、働きを終えた細胞が寿命を迎え免疫細胞に処理され老廃物として排泄されます。 そして突然死をネクローシスと言い、細胞に何かしらの事故が起こり働きを終えぬまま死んでしまい、その周辺組織に炎症反応を起こし痛みやしびれを引き起こす原因となります。...

さらに表示する